Go入門ー変数型

GoロゴGo

今回は変数について解説します。

GoはPython等と違って静的型付けなので変数を定義するときに型を設定する必要があります。

論理値型

論理値型は真(true)偽(false)のどちらかが入ります。

var 変数名 bool

整数型

整数型の中にも何種類か型があります。

範囲
uint80~255
uint160~65535
uint320~4294967295
uint640~18446744073709551615
int8-128~127
int16-32768~32767
int32-2147483648~2147483647
int64-9223372036854775808~9223372036854775807

整数型のコードのサンプルです。

var 変数名 int16

実数型

浮動小数点型は次の2つで設定できます。

float32
float64

文字列型

文字列は次のようなコードで書けます。

var 変数名 string

文字列はインデックスを指定することで文字列の中身の一部を切り取ることができます。

var text1 string = "hello"
var text2 string =text1[0:3]
fmt.Printf(text2)

これを実行すると0番目から4番目の文字列が「hell」と出力されます。
しかし日本語を変数に入れていた場合は日本語1文字が3バイトになるので例えば「こんにちは」の0~3まで取得した場合は「こ」のみが返ってきます。

また、lenを使用することで文字列の長さを取得することができます。

var text string = "hello"
var len_text = len(text)

上のコードでlen_textには5が入ります。

配列型

型の前に[]で要素数を指定できます。

var list [10]int8

変数名にインデックスを指定することでアクセスできます。

list[0] = 10
list[1] = 1
ビスケットを送る

コメント

タイトルとURLをコピーしました