キャッシュレス決済って結局便利なの?

日記

こんにちは!増田拓海です。

今回は最近話題のキャッシュレス決済が実際に便利なのか、どれだけお得なのかを書いていきたいと思います。

そもそもキャッシュレス決済にはどんなものがあるの?

はじめにキャッシュレス決済(電子決済)の種類をまとめてみます。

1.プリペイドカード

プリペイドカードは予め入金しておいた金額の中で決済ができる決済手段です。

入金した以上の金額を使うことが出来ないので、使いすぎ防止にもなります。

主なプリペイドカード

Suica,楽天Edy,WAON,nanaco,QUICKpay,iD etc.

プリペイドカードでも各企業が運営しているポイントサービスにポイントを貯めることが出来ます。

クレジットカードと比べるとプリペイドカードごとに使える店舗が限られていて使いにくいかもしれません。

クレジットカード

クレジットカードは毎月決められた限度額の中で決済ができるカードです。

使った分は翌月にまとめて請求されます。

Visa,MasterCard,JCB等の国際ブランドで統一されているので加盟店数は電子決済の中で一番多いと思います。

ポイントはカード会社のポイントが貯まります。

デビットカード

デビットカードは銀行口座の残高の中で決済ができるカードです。

デビットカードもクレジットカードと同じ国際ブランドで統一されているので同じ加盟店で使えます。

デビットカードは銀行が発行しています。

ポイントではなく利用額の数パーセントを現金で還元している銀行が多いです。

スマホ決済

スマホ決済はスマートフォンを利用してお金を支払えます。

買い物をする際は予めオンラインバンクやATMから入金するかクレジットカードを紐付けておく必要があります。

もちろん他の決済手段と同じようにポイントで還元を受けることも可能です。

で、便利なの?

結論:現金より便利

電子決済だとそもそも小銭やお札を数える必要がないのでそれだけで時間も短縮できます。

なんか難しそうと思われるかもしれませんが、数回使ってみれば慣れてスムーズに決済できるようになります。

また電子決済だと支払いをするだけでポイントが貯まっていくのでお財布にポイントを大量に入れておく必要もなくなります。

お得なの?

結論:お得

ほぼ全ての加盟店で貯めることができるので、ポイントシステムを導入していないお店でも貯めることができます。

また、ポイントの二重取りや三重どりが可能になる場合もあります。

例えば、

A店(ポイントカードの還元率:1%)でAPay(ポイント還元率1%)を利用:ポイントを二重取り

Rカード(ポイント還元率:1%)でAPay(ポイント還元率:1%)にチャージしてA店(ポイントカードの還元率:1%)で利用:ポイントを三重取り

B店(ポイントカードの還元率:2%)でRカード(ポイント還元率:1%):ポイントを二重取り

みたいな貯め方ができます。(カード会社や決済業者によります)

このことから現金で買い物をするより電子決済で買い物をしたほうがお得と言えます。

まとめ

キャッシュレス決済(電子決済)は便利&お得

今まで現金で支払ってきた方も一回試してみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございました!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました